2021-02-15

令和3年2月13日 23時08分に発生した地震について

この度の震災で、被災した皆さま、心よりお見舞い申し上げます。
震災後、氏子・崇敬者・御参拝者様、多くの方々にお心を寄せて頂きありがとうございます。宮司・職員・家族皆無事でございます。
神社の状況としましては、本殿・拝殿・参集殿・社務所と大きな被害はないものの、拝殿は御祈祷の御奉仕は難しい状況でしたが、地震翌日の14日には、早朝より地元工務店様・石材店様が駆けつけてくださり、おかげさまで今現在、一部の灯篭損壊を除きまして修復・復旧いたし社殿での御祈祷もご奉仕できるようになりました。皆様方に感謝と御礼を申し上げます。ありがとうございました。
また全国から大変多くのお問合せ・御心配をいただきました。心より御礼申し上げます。お問合せの多かった、御朱印対応も地震翌日の午前中のうちには対応できる様になりましたし、全国への郵送(遥拝御朱印)にも対応できております。

今回の震災と新型コロナウイルス。大変辛く・苦しい日々が続いておりますが、当地でも梅の花が一輪・二輪と咲きだしました。寒い冬から春へと変わり、一斉に桜が咲く喜びに包まれる様な日がきっと来ます。心の春はきっと来ます!
自分の心の居場所が無くなった時、心労で胸が重たい時、お近くの神社に手を合わせてみてください。ひとつ・ふたつと自分の呼吸を数えてみてください。生かされていることに感謝しながら…。

令和3年2月15日
復旧した社殿を拝みて 三光稲荷神社 宮司

関連記事